住信SBIネット銀行の多目的ローン

消費者金融の審査基準

Posted by 管理人 on 2014年7月16日 in 消費者金融 with No Comments


消費者金融を利用するにあたり、「審査に通るか心配」「消費者金融審査基準を知りたい」という方は多いと思います。ですが、消費者金融に限らず、銀行、信販会社など個人向け融資を行っている金融機関はどこも審査基準を公表していないため明確なところは分かりません。また、一言に消費者金融といっても消費者金融ごとに審査基準は異なるようです。
ただ、一般的に消費者金融の審査基準は銀行、信販会社に比べ緩やかといわれていますので、銀行や信販会社へ申し込みをしたけれど否決されてしまった、という経験のある方や年収が少なく審査通過に自信のない方であっても安定した収入のある方であれば審査に通る可能性は無きにしも非ずです。
先述の通り、審査基準は明確にされていませんし消費者金融ごとに審査基準も異なるため「こういう方は絶対に審査にクリアできる」という条件はないに等しい状態といえます。ですが、実際に申し込みを行ったことがある方や利用している方の口コミ&体験談などを参照することで審査傾向を読み取ることは出来ますので、審査に不安を抱いている方は口コミ等を覗いてみると良いでしょう。
ちなみに公式ホームページにお試し診断を用意している消費者金融も近年増えてきています。必ずしもお試し診断通りの結果が得られるとは限りませんが、精度もアップしてきており本審査においてもお試し診断同様の結果を得られることも少なくないようです。手当たり次第に審査依頼をかけてしまうとそれだけでブラックリストに載ってしまうこともあるので実際に審査依頼を行う前に「お試し診断」で審査通過の可能性について確認し申し込み先を絞り込むと良いかもしれません。

30日間無利息キャンペーン実施中の銀行系カードローン

Posted by 管理人 on 2014年5月31日 in ローン with No Comments


現在、アコムでは、30日間無利息キャンペーンを実施中です。アコムは、三菱UFJフィナンシャルグループ、つまり銀行系カードローンで信頼度も高いですし、金利の安さや利便性の良さなどにも定評がありサービス展開以来不動の人気を誇っています。そんな大人気のアコムは、キャンペーン中でなくても人気がありますが、このたび好評につき期間限定で金利ゼロキャンペーン第二弾を開催しており更に人気に拍車がかかっています。

アコムの公式サイトには3秒診断もあり審査が通るか不安、という方でも予め審査が通る可能性があるか確認することが出来ますし、正式に申し込みを行った場合も最短30分とスピーディーに審査結果を受取ることが出来ます。また、申込みから契約までwebで完結することが出来ますし即日振り込みも可能です。更に、利用限度額も最高500万円とハイスペックであることなどからおまとめローンとして利用される方も多数いらっしゃいますが、信頼度に加え知名度の高さもありキャッシングが初めてという方でも安心して利用することが出来るカードとしても人気があります。

人気のカードローンランキング、初めての方におススメのカードローンランキングなど数々の人気ランキングにおいて常にトップにランクインしているアコムが、最大30日間金利ゼロキャンペーンを実施したことで更に知名度&人気上昇中!申込者が殺到しているようです。

初めての方も安心の銀行系カードローンアコム!カードローンデビューを考えているなら30日間無利息キャンペーン中に検討してみると良いかもしれませんね。

参考・・・http://www.feai.org/

プロミスのカードローン審査

Posted by 管理人 on 2014年3月4日 in ローン with No Comments


プロミスというと誰もが名前を知っているような大手消費者金融ですよね。基本的に消費者金融は銀行カードローンなどと比べると審査が通りやすいとは言われていますが、プロミスのカードローン審査はどうなのでしょうか?

プロミスは審査スピードも最短30分とトップレベルの審査スピードとなっていますし、また実際にかかる審査時間はどうなのかというと平均的に1時間程度で完了するようで、とてもスピーディーな借入が可能なキャッシング会社のようです。最短30分審査としているところは結構多いですが、実際に短時間で完了するケースが少ないキャッシング会社もありますからね、さすが大手の消費者金融といったところでしょうか。

では肝心の審査の厳しさはどうなのか、というと、消費者金融としては並程度か、むしろ他がダメでもプロミスなら審査に通ったというケースがちらほら見られるようです。他に断られている状態の人でも、電話をしてオペレーターに相談をして、なんとか小額の融資をしてもらえたというようにカードローン審査に対しては柔軟な姿勢があるようです。

キャッシングを利用するには、カードローン審査に通らなければなりません。どんなに条件のよいカードローンであったとしても、利用できないならないのと同じです。プロミスはその点、審査に柔軟でありまたスピーディーな対応など、利用者のニーズに応えようとする姿勢がみられるキャッシング会社といえるのではないでしょうか。

キャッシングとカードローンには違いがあるの?

Posted by 管理人 on 2014年2月2日 in ローン with No Comments


キャッシングとカードローン、名前が違えば使い方にも違いがありそうですね。しかし、キャッシングもカードローンも現在ではほぼ同じものと考えてよいでしょう。

カードローンは、カードを利用してローンの借り入れや返済を行うものです。銀行の口座のカードなどと同様の使い方で借り入れができ、大変便利なものです。実際に銀行のカードにローン機能を、同じカードのまま付帯させることができるようになっているものもたくさんありますよね。しかし、最近ではインターネットを利用して借り入れや返済ができるカードローンも登場しているため、カードローンに分類されていてもカードレスで利用できるというローンもあるのです。

一方のキャッシングも同様にお金借りる借り入れを行うのですが、こちらもカードを利用することが多いものでした。しかし、インターネットのない時代から消費者金融では電話で借り入れの申し込みをすると、自分の銀行口座にお金が振り込まれるというサービスはありました。(もちろん現在もこの電話でのキャッシングサービスは継続しています。)さらにその申し込みをインターネットでもできるようになっているキャッシング会社なども多く、カードローンとキャッシングの借り入れや返済の方法も実質上はほとんどなくなっています。

借り入れをしたいときには、双方の名称の違いにこだわるのではなく、金利や自分が利用したい限度額まで利用かどうか、などのスペックにこだわって選ぶようにするとよいでしょう。

消費者金融で借りていると住宅ローンが組めない?

Posted by 管理人 on 2014年1月20日 in ローン with No Comments


消費者金融で借り入れをしていると、住宅ローンが組めなくなるという話を聞いたことがあるという方、いらっしゃるのではないでしょうか。住宅ローンは人生においても、もっとも重要な借り入れとなるといってもそう大げさではないですよね。

大きな金額を借り入れすることになるわけですから、実際問題としても審査に通るのが難しいのではないかと考える方も多いでしょう。しかし、意外と住宅ローンは可決になる可能性が高いのです。

それは、貸付する側は、購入する住宅を担保として取り扱うことができるため(つまり返済できなくなってもその住宅を得ることができるため)、貸しやすいということが言えるからなのです。

消費者金融で借り入れをしていても、返済に遅れたことがなければ審査時に特に大きなマイナスポイントになることもないといわれています。消費者金融での借り入れは総量規制の対象になりますから、年収の3分の1を超えることはできませんが、銀行などで借り入れする住宅ローンは総量規制の対象外となります。

しかし、返済遅れなどの金融事故の記録が残っている方は、住宅ローンのみならずあらゆるローンを組めません。消費者金融や銀行のフリーローン、さらに信販会社のキャッシングなどいずれも同じ情報機関を利用するため、どこかで返済遅れをしたことがあれば、どこでも借り入れすることができないということになってしまいます。延滞などの記録が5年ほどでなくなりますので、その後新たにローンを申し込む必要があるのです。

住信SBIネット銀行の多目的ローン

Posted by 管理人 on 2013年5月29日 in ローン with No Comments


住信SBIネット銀行のMr.ローンの多目的ローンは、さまざまなお金の使いみちが可能です。ブライダル、旅行、引っ越しなどさまざまな目的にあわせて借り入れたお金を使うことができるローンです。家具や家電の購入といった目的にも使用することができます。

ただし、事業性資金、投機性資金、見積書や契約書などでお金を使用した目的が確認できない資金、個人間での売買契約、支払い済みの資金や借り換えといったことには利用することができません。

住信SBIネット銀行Mr.多目的ローンは、金利が年3.975%から4.975%、借り入れ金額は10万円から1,000万円までの設定があります。借り入れ期間は1年から10年となっています。金利は、所定の条件を満たせば最大で1%引き下げられますので、2.975%~4.975%の金利となります。毎月見直される変動金利となっています。加えて事務手数料として借り入れ金額の2.1%がかかります。この金額も合わせて借り入れすることも可能です。

ネット銀行ですからもちろん、インターネットと郵送を利用して手続きを完了させることができます。まずは、仮審査を申し込みましょう。借り入れ金額が100万円までなら収入証明書は提出する必要がありません。明細書の郵送もありません。繰上げ返済を行っても、手数料が全くかからないのも多目的ローンの特徴となっています。1円からでも繰り上げ返済をすることができます。

クレジットカード即日発行 学生さんも多目的ローンを検討してみても良いかと思います。

(2013,5,12 付け 情報)